2017年10月03日

ダイエットの効果と女性の月経周期の関係


女性がダイエットを真剣に考えるのであれば、
生理サイクルによる体の変化を考慮に入れるといいでしょう。


ダイエットの効果を狙うためには、
生理周期が女性の体に
どういった影響をもたらしているのかを理解することが大事です。


プロゲステロンと、エストロゲンというホルモンが、
女性の身体の中では常に影響をもたらしています。


同じダイエットをしたとしても、
効果が出るときと出ないときがあるのは、
このホルモンの影響があるからです。


プロゲステロンは、
排卵から月経までの間の2週間の間、
分泌量が高まっていきます。


その後の2週間は、
エストロゲンのほうの分泌量のほうが増加します。


女性の身体は、
エストロゲンの活動で活発になります。


活動期に入った体は、血行がよくなり、
エネルギーの燃焼効率が上がって、
ダイエットがスムーズになります。


ダイエットの効果が実感しにくい時期が、
プロゲステロンが活動している時です。


体は一休みしているので、
代謝が低くカロリーが燃えづらいためです。


もしもダイエットをスタートするなら、
エストロゲンが分泌されている時にすると行うと良いと思いますよ。


逆にプロゲステロンが働いていて
体が休んでいるときにダイエットをしてしまうと、
体に大きな負担がかかってしまいます。


自分の体のサイクルをチェックして、
エストロゲンが多く体内にある時に、
ダイエットを行うようにすると効果的です。


エストロゲンがふえている時に効果的なダイエットをして、
プロゲステロンが増えている時は体重を保つくらいのつもりで行うと良いでしょう。




posted by puki at 21:36| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。